断捨離とミニマリストと妊活と。

タイトルに妊活とありますが、無事に授かり出産。断捨離のこと、家計のこと、生活のこと、切迫早産のこと、そして子育てのこと、いろいろ綴っています。

事柄の断捨離

モノだけじゃなく、コトも断捨離したいな〜、なんて思う。

 

趣味がいくつかある。

 

でも、それって、私、本当にやりたいのかな?

 

って思う気持ちも出てきた。

 

 

やれば楽しい。気分転換。リフレッシュ。わくわく。ドキドキ。ハッピー。満足。達成感。

けど、やらずにはいられない、って程の好き具合ではないのかも。

 

 

趣味を手放すのがちょっと怖い。

それによってつながってる仲間との関係も切れてしまいそうで。

それによってもたらされる楽しい気持ちを失うことが怖くて。

何もなくなってしまいそうで怖くて。

頑張ることを手放すのが怖くて。

 

 

でもね。

 

今は頑張ったり、目標とかに向かうことを、少し負担に感じる気持ち芽生えてきた(気がする)。

 

手放したくないから、見ないように気づかないようにしてるのかも。

 

本当は今は頑張るよりのんびりしたい、って思っているのかも。

 

 

 

断捨離や片付けは、やめよう、とは思わない。

捨てること、片付けること、整えること、が好きでやらずにはいられない。気がつくと、捨てるものないかな、とか考えてるし、気がつくと出しっ放しのものは元の場所に戻してる。

これがきっと本当のスキというものなのかな〜と思うと、

今の趣味はここまでの気持ちにはならないんだよね。

 

少なくても、今は。

 

 

手放すのが怖い。

 

いっぱい捨ててるけど、未だに変化は怖い。

 

でも、いさぎよく、思い切って手放してみるのもありかな〜と思う。

 

手放そうか?って少しでも考えてしまった時点で、ピークの旬は過ぎてしまっているんだよね。

本当に大好きなら、やめようとか思うことすらないから。

 

 

いったん、やめてみよう。お休みしてみよう。

 

のんびりしたい、の本心に従おう。

 

怖いけど、怖さを乗り越えてみよう。

 

 

 やめてみて、やっぱりやりたくなったらやればいいんだから、ね(*^^)

 

 

頼ってもいいんだよ。

先日、行きたいイベントがありました。

日曜のイベントで、旦那は仕事。子連れOKなので、子供二人連れて参加するつもりでいました。

 

が、前日に長男の発熱。

 

きっとママならわかってくれるあるあるだよね〜。

 

 

明日までに下がるかな。

残念だけど、諦めるしかないかな。

義母に来てもらって見てもらおうか。

いやいや、イベント行きたいって理由でわざわざ呼び出して頼むのは申し訳ないよね…。

 

などなど葛藤があるわけです。

 

 

でも、今回はダメ元で義母にメール。

 

片道2時間の距離。往復4時間。決して近いとは言い切れない距離。

しかも前日のお願い。

 

そんな中ですが色々調整してくれて、OKしてもらえました。

本当に有り難かったです。

 

 

頼るのは申し訳ない。

迷惑かけたくない。

 

って思う気持があったけど、

きっといつもなら諦めてたけど、

なんとなく今年はパターン崩しをしよう、いつもと違う方を選ぼう、遠慮はやめてみよう、もっと人に頼ってみよう、

 

みたいな気持があって、

お願いする方を選びました。

 

 

そしてお願いして頼ってみて思ったのは

 

本当に有り難くて、義母さんが困ったときは私も何かしたいな〜という気持がわいてきました。

義務的に義理親だから何か手伝う、とかじゃなくて、心から手伝いたいような何かしたいような気持ちです。

 

人から優しくしてもらえると、私も人に優しくしよう、って思う連鎖がうまれる。

そんな感じ。

 

もっと頼って頼りあって生きていってもいいのかな、なんて思いました。

 

 

遠慮して我慢して諦めて、行きたいイベントに行けなくてなんかモヤモヤするよりも、こっちの方がいい。

 

もし、頼んでNGだったらきっと諦めもついただろうし。

 

それに、私は申し訳ないって思うけど、義母さんはもしかしたら、孫に会えるから嬉しいかもしれないよね。頼られることも嬉しいかもしれない。

私には孫はまだいないけど、義母の立場になったら多分頼られて嫌な気はしないな〜と思う。

 

 

頼って、頼られて、優しい気持ちが広がっていったらステキだな、なんて思いました。

 

 

 

衣替えしてますか?

衣替え。

我が家ではやっていません。

 

 

断捨離して服がだいぶ減り、衣替えをする必要がなくなったからです。

 

かけてOKな服はハンガーのままクローゼットにかけて収納。

パジャマやスポーツ用のウエア、ボトムス等はたたんで引き出し収納。

 

今のシーズンのものは手前に、オフシーズンの服は奥に。

衣替えはこの手前と奥を入れ替えるくらいです。

 

無駄な家事はしたくない、ズボラな私なので、大掛かりな衣替えをしなくていいのは本当に楽(*^^)

モノを減らすと管理の手間も省けますね!

 

 

 

ただ、最近は着てないオフシーズンの服が、奥とは言え、見える場所にあることに少しザワザワします…。

 

今、着てるものだけ見えるようになったら、クローゼットのときめき度が上がりそうな気がしてます。

 

場所や手間の都合で、実行は今のところ無いけど。

出来たら気持ちがいいだろうな〜。

奥側を見えないようにする工夫を考えてみてもいいかもしれないですね。

 

 

本当に気に入っていて、よく使う仲良しのモノばかりに囲まれた生活は、幸せだな〜と感じます。

モノを減らせば減らすほど、それを実感します。

 

 

 

モノが少なくてよかったと実感する時。

しばらく体調を崩してました。

 

熱が出て、頭痛もひどく、何もできない日が数日続きました。

 

食欲もなく、ごはんを作ることもできず。

子供になにか食べさせないといけないので冷凍食品やレトルトに頼ってばかりいました。

 

家事もできる感じではなく、数日の事でしたが、部屋が荒れました。

 

 

ようやく回復してきて、まず最初にしたのは荒れた部屋の片付け。

冷凍食品のゴミやペットボトルのゴミを、ゴミ袋に入れることさえ出来ていなかったので、そういったモノを捨てるところから。

 

捨てるモノを仕分けしてゴミ袋に入れ、出しっ放しのモノを定位置に。

 

少しづつ片付けて、ようやく元に戻りリセットできた感じがします。

 

もともとモノが少く、比較的片付いていたので、リセットはわりとすぐに終わりました。

キッチンの作業台も普段は片付いていてスペースに余裕があるので、片付けや家事ができなくて色々散乱しましたが、それでもスペースに少し余裕がありました。

 

もともと散らかっていたら冷凍食品やレトルトのごはんを用意するスペースが確保できなくて、辛い中、さらにしんどかっただろうな〜と思いました。

 

スペースに余裕があったから、数日片付けなくてもなんとかなったのだと思います。

 

モノが少なくてよかったな〜。

モノが少ないから日々、片付けしてキレイをキープできていて、よかったな〜と、

体調不良という緊急時だからこそ、モノが少なくて良かったことを実感しました。

 

 

んで、ちょっと愚痴だけど、そんな私が体調不良でも、夫は散乱したゴミとかを捨ててはくれませんでした。自分の食べたもののゴミとかもそのまま…。

細かい片付けは無理でもせめてゴミはゴミ箱、ゴミ袋へ捨てて欲しかった。

 

でも頼んだ時は食器は洗ってくれました。頼んだ時は……(笑)

(頼まない限り自主的にはやらないという愚痴もある(笑)

 

 

 

体調不良で小さい子がいると本当しんどいですね〜。

そういう時に限って熱があるのに30分とか一時間おきに子供に起こされて眠れない、とかでした。

 

健康ってありがたいですね!

 

 

 

食べ物の断捨離とストックについて考える

少し前に予告した通り、食べ物の断捨離をしました。

 

冷蔵庫と冷凍庫がスッキリ〜。

食べたくないものを、いつか食べなきゃ、と思うプレッシャーのようなものがなくなりました。

 

期限切れの食べきれなかったもの、ごめんなさい。

食べたいと思えなかった貰い物、ごめんなさい。

 

 

子供が小さくて、買い物に気軽に行けないような不安があり、つい多めに買いすぎていたようです。

 

自分の気持ちや心のありようがモノに表れるね。

 

食べ物を捨てるのは、モノを捨てるより心が痛みます。

食べ切れる量を買おうと、強く反省しました。

 

 

毎日、買い物に行くのは手間なので、買い物行って2~3日以内に食べるものだけ買えたらいいな〜、という理想。

 

安いからこれも買い置き、をやめたいね。

必要な時に定価で買えばいいんだよ。

 

ってわかっていても、安くなってるとつい、ね…。

 

 

万が一、体調不良とかで買い物行ったり作ったりできない時用にストックしておくもの、を定番化すればいいのかな。

 

そんな不安な気持ちでストックしてるものが割とあります。

 

 

もしものストックと思って買ってるモノを書き出してみます。

 

・パスタとレトルトパスタソース

・乾麺(そうめんは体調不良でも食べられることがあるので便利)

・缶詰(災害時のストック品としても少しおいてある)

・冷凍パスタや冷凍ラーメン(チンして食べられる手軽さがありがたい。私が動けなくてもらうこれがあれば長男にご飯を食べさせられる)

・冷凍豚汁

・冷凍えだまめ (一品足りない時に便利、と思いつつあんまり活用してない)

 

 

 もしも、ではないけどストックしてるもの。

 

・カレーのルー (安い時に買っちゃう。多すぎるわけではない)

・シチュー、ハヤシライス、ビーフシチューのルー (安い時に買ってしまうけどカレーより頻度が低くて余りがち。必要な時に買うようにしてもいいかも)

・マカロニ

・鮭フレーク

・煮豆

・冷凍いんげん

・冷凍ほうれんそう

・冷凍フライドポテト

・フルーツ缶詰 (桃、パイン、みかん等)

 

このへんは、確実にいつ食べる、とかではなくなんとなくストックしてしまっているものたち。

必要な時に、その都度買うようにしてみるのもありかな〜と思いました。

 

 

なんとなく当たり前にストックしてしまっていたけど、本当に必要か?見直してみるのも面白かったです(^^)

 

 

 

次男10ヶ月

次男10ヶ月になりました。

月齢二桁。

もうすぐ一歳。

 

あっという間だったな〜。

 

そんなことをふと思ったら、

 

「なんとかここまで乗り越えたな〜」

 

って心の声がわいてきた。

 

 

ほんと、乗り越えた〜って感じ。

 

次男は長男と比べると、しょっちゅう体調を崩したり、熱を出したり。それによる残念な予定変更。

二人目で2回目だしわかっているという楽さはあるけど、私の体力も低下してるから大変だったりもする(事もある)。

 

 なんとかここまでやってきました。

 

 

子供の事を思うと、もっとやれることもたくさんあるし、まだまだな事もたくさんあるけど、私、頑張ってるよね〜。

ウン、よくやってる!

 

と自分で自分を褒める。ねぎらう。(笑)

 

 

ここまで、比較的穏やかに楽しく子育てできたのは、一時保育の存在って大きかったな〜と思います。

 

お陰でリフレッシュしたし、やりたい事もあまり我慢しないでやれた。

(やれないこともあったけど)

 

一度離れた後に息子と再開すると可愛さ倍増!

 

いい効果だよね。

 

 

 

病弱なお陰で一時保育も半分近くは予定キャンセルになっちゃったりもしてるけど(^_^;)

 

それでもないよりは、ありがたい存在でした。

 

一歳になると、一時保育が使える場所がもう一つ増えます。

 

そっちも合わせて2ヶ所を利用しながら、リフレッシュしたりやりたいことやったりして、子育てだけじゃなく自分の事も楽しみながら、過ごしていけたらな〜と思ってます。

 

育児日記じゃなく、次男坊10ヶ月の今、想うことを書いてみました。

 

 

 

断捨離

先日の住まいのダイエットはやましたひでこさんでしたね。

 

 

モノは使おうと思えば全部使える。

使えるかどうかではなく、使いたいかどうか。

それは、自分を大切にするということ。

 

 

ってなコトをおっしゃってました。

(細かい言葉はちょっと違うかも〜)

 

 

断捨離進んで、お気にいりのモノ率が高くなって、好きなものを大事に使うと、なんだか丁寧に暮らしていて、自分も丁寧に扱ってるような感覚を味わえるんですよね。

 

すごく満たされた感覚。

 

実践したからこそ、実感できるのです。

 

 

使いたいかどうか。

食べたいかどうか。

着たいかどうか。

 

 

基準はコレ!

 

 

書いてて、

冷蔵庫と冷凍庫に残り物(食べたくない)があったな〜とか、

クローゼットに着たくないけど残してる服があったな〜とか、

思い出しました。

 

 

最近冷凍庫の中の断捨離、見直ししてなかったから、やろうと思います♪

クローゼットの中も。

 

 

断捨離の本を読んだりして、実践もして、勝手に断捨離マスターのような気持ちになってたけど、

自分軸じゃなく、モノ軸に、うっかり戻ってしまっていたな〜と気づきました。

 

 思い切って手放そう。

そして自分を大切にしようと思います(*^^)