断捨離とミニマリストと妊活と。

タイトルに妊活とありますが、無事に授かり出産。断捨離のこと、家計のこと、生活のこと、切迫早産のこと、そして子育てのこと、いろいろ綴っています。

モノを断捨離するメリット

なぜ、断捨離するのか。

なぜ、ミニマリストを目指すのか。

 

それはモノが少ない方が快適だということを、知ってしまったから。

 

 

モノが少ないメリットは、

 

圧倒的に掃除がラク。

掃除をするハードルが下がり、汚れに気づいたらパパっと掃除できる。

モノが少ないからあまり散らからない。

散らかってもすぐ片付けられる。

余計なものを買おうと思わなくなりお金が貯まる。

モノを把握しているので二重買いもない。

探し物がなくなる。

代用する知恵がつく。

部屋がキレイで気持がいい。

時間に余裕がうまれる。

心にも余裕がうまれる。

思考がシンプルになる。

好きなことやりたい事に集中できる。

笑顔が増える。

幸せと感じる事が増える。

すでに持っている、ある、と思える。足るを知る。

モノが少なくても大丈夫だと知ることができる。

自分に自信もつく。

 お気に入りのモノばかりなのでなんだか幸せ。

 

 

思いつく事をあげてみました。

 

本とかでも書いてあったりするけど、これ全部、自分の実感として感じることができます(*^_^*)

 

こういうの、一度知っちゃうとモノの多い状態に戻りたいとは思えない。リバウンドしなくなります。

 

 

こんな私ですが、昔は汚部屋でした。床にはいろんなものが散乱してたし、恥ずかしいけど掃除は月一とかだった。よくそれで平気だったな〜と今は思うけど。

 

こんな私でも変わる事ができました。

 

 

 

遊んで暮らしてもいい。

夏休みの子どもたち。

 

目一杯遊んでいます。

外から元気な声が聞こえてきます。

 

息子も、朝起きてご飯食べて身支度して、宿題を少しやったら、朝10時前から遊びに行き、お昼ごはんを食べに帰ってきて、13時にまた遊びに行き、17時半のチャイムまで遊んでいます。

楽しそう(*^^*)

 

 

そんな姿を見てたら、タイトルの言葉

「遊んで暮らしてもいい」

って言葉がおりてきた。

 

 

大人になった私。

そういえば一日、どれくらい遊んでいるんだろう。

 

スマホで好きなブログを見る時間。

ブログ書いてる時間。

本やマンガを読む時間。

赤ちゃんの下の子と一緒に遊ぶ時間。(でもこれは遊びというより育児、お世話って感じかも…)

断捨離は趣味みたいなもので私にとっては楽しい時間だからこれも遊び?

 

 

何にも予定のない日なら、このくらいかな?

 

わりと遊んでるのかな〜。

そうでもない??

 

主婦だから、育児や家事ばかりやらなきゃいけないような気がしてたけど、

でも遊ぶ時間だってあってもいいんだよね!

当たり前?

 

 

やらなきゃいけないことばかりじゃなくて遊んでもいいんじゃないかな〜ってふと思ったの。

 

やりたいことばっかりでもいいんじゃないかなって。

 

 

って何がいいたいのかわらからなくなっちゃったけど。

 

主婦は遊んで暮らしちゃダメって思ってる自分がいたみたいで、

でもそうじゃないんだよ、遊んでもいいんだよ〜

って思ったので。書いてみました。

 

 

 

昔の写真の整理。必要な写真はほとんど無かった!

思い立ち、昔の写真の整理をしています。

 

社会人で独身の頃。

フィルムからデジタルに移行し、初のデジカメを購入した頃からの写真。

 

その時は何も考えず、撮ったすべての写真をCDRに保存してました。

 

一応、タイトルは書いてあったけど、日付が不明のもの多数。CDRに保管した日付しかわかりませんでした(^_^;)

 

 

残したい写真をいったんパソコンに落とし、それをわかりやすく整理して、SDカードに保存しようと思ってます。

SDカードならあんまり場所をとらないからね。

 

 

で、見てみると、ほとんど残したい写真ってないな〜〜ってのが感想。

飲み会の酔っ払い写真が多かった(笑)

旅行の写真とかもあったけど、風景ばかりで人物がほとんど無い。

 

後から見ると、見ていて楽しいのは、人物が写っている写真。

風景+人物ならいいけど、風景だけの写真はなんだかあんまり楽しいと思えませんでした。

その場所がわかる写真が数枚あれば十分。

 

人物は記念写真のようにこっち(カメラ)を見ているのもいいし、自然な写真もいい。

でも自然な写真はちゃんと写ってなかったりするのは保管対象外。

 

まだ作業途中だけど、残す写真は全体の2~3割くらいです。

 

 

整理していると、自分がどんな写真が好きで残したいかが見えてきます。

 

 

写真って実物の「モノ」とはちょっと違う「データ」だけど、たくさん撮ると、管理や整理や見る時間もかかる。

管理に時間がかかるのは「モノ」と同じだな〜と思います。

 

だから、無駄に撮るより、少ない方がラク。

 

整理することで自分にとってどういう写真が「無駄」なのかがわかってきたので、これからはちょっとした無駄写真を、撮る段階から断捨離できそうだな〜と思いました。

 

 

まあ、あんまりガチガチに考えると、写真がつまらなくなってしまうから、ゆる〜く、ちょっと心にとどめておこうと思います(*^^*)

 

 

写真の整理については以前も考えました。この時から少し考え方も変わったかな?

arumixxx.hatenablog.jp

   

○年使っていないモノは捨てる

捨てる系を推奨してる片付け本などを読んでいると、

 

○年使っていないものは思い切って捨てよう。

 

とか、よく書かれています。

 

○の中に入る数字は3年だったり1年だったり。

 

私は1年、を採用していて、1年使ってないものは捨てるように心がけています。

まだまだ完全じゃない。

捨てられないものもあるけど、1年以内に使ったかどうかを目安にして持ち物を見直しています。

 

 

でも、先日「捨てる技術」という本を読んだら、

その中で勝間さんは

 

「2ヶ月使ってなかったら捨てる」

 

と書かれてました。

 

2ヶ月!! 早っ!!

 

潔いですね。

でも、それを読んで目から鱗でした。

 

2ヶ月使ってないだけで、捨てていいんだ(笑)

大丈夫なんだ!

 

実践している人がいるので、きっとそれで大丈夫なのでしょう。

 

やってみたくなりました。

 

この本です。


 

 

 

数ヶ月前から持ち物ノートを付けていて、今はまだ途中だけど、これみて1年使ってなかったら手放す候補にしてました。

 

 

arumixxx.hatenablog.jp

 

でも、もっと短く、半年くらいを目安にしてみようかと思いました。2ヶ月という思い切りはまだ持てないけど…。

半年くらいなら行けそうな気がしました。

 

勝間さんはこの本もおもしろかった。


 

 

 

 

子どもと断捨離。子供部屋をつくる。

小学生の息子が夏休みに入りました。

 

幼稚園生の時から仕事をしていたし、去年は学童に入れてたので、息子にとっては初の、何もない長い夏休みになります。

 

毎日、近所の友達の家に行ったり、家に来たりしながら目一杯遊んでいます。遊ぶ友達がいてよかったね(*^^*)

 

 

さて。

我が家には一部屋、物置部屋があります。物置にするつもりではなかったけど、いつの間にか使わないモノが置かれるように…

じぃじ、ばぁばが泊まりに来た時はこの部屋に寝てもらってます。ゴメン。

 

いつかは子供部屋になる予定で息子にも伝えてあります。

 

夏休みに入ってすぐ、息子が部屋を片付けたい、と言い出しました。

友達を呼びたいみたい。今までは外で遊んでいたけどさすがに暑くて室内で遊びたいようです。

 

物置部屋の荷物の半分?3分の1?くらいは息子のゴチャゴチャした作品(工作、お絵かき、折り紙など)です。

リビングに置けなくなった時に定期的に声をかけ、リビングに残すもの、物置部屋に撤去するもの、と分けていました。

捨てるもの、というカテゴリーも作ったけど、今まで捨てるものに仕分けされた物はゼロ!ゼロです。小さなゴミのように見えるものでも本人にとっては大事なものだったようでね。

 

捨てる代わりに、別の部屋に撤去、という方法を取っていました。

 

この撤去したモノを、残す、残さないで仕分け。

今まで自分では捨てることのできなかった工作類。

一個一個、残す?残さない?

と一緒になって聞いていきました。

 

そしたら半分くらい捨ててOKの許可が!!

 

初めて自分で捨てるコトができたのです!

 

今まで捨てられなかったのに、ちょっと成長を感じました。

 

 

手放す時の声掛けで、

 

「これはまた作ろうと思えば作れそうだね」

と、声をかけたら、そうだね〜、また作ればいいか〜。

と捨てられました。

 

絵に関しては全捨て。潔い。

 

モノも減った所で、残ったものを整理してクローゼットに収納。ちょっと押し込んでしまった感もあるけど、ほぼクローゼットの中に収めることができて、無事に物置部屋が子供部屋に変化しました。

 

 

そして息子と一緒に掃除も。

ピカピカの子供部屋の完成です!

 

早速次の日お友達を呼んでました。

母も満足ですぞ(*^^*)

 

 

 

「子育ては大変」は本当?

ぢんさんのブログで

 

「子育ては大変」

と思ってるから、そういう現実を引き寄せてしまう。

 

みたいな内容の事が書かれていて、ドキッとした。

 

あ〜、私、そう思ってるな〜。

 

旦那には大変さをわかってほしくて、大変アピールをしてたりもする(笑)

 

一人目の時なんて、今よりもっと、そう思ってた。

初めての子育てでやってないから大変かそうじゃないかなんてわからないハズなのに、子育ては大変だと思い込んでいたなあ。

周りからの刷り込みだよね〜。

 

確かに大変な時、大変な部分もあるよね。

 

でも今は子育ては(二人目だし)思ったより楽かも〜♪

 

って思ってる。

 

まだ0歳だからかな〜?

 

 

子育て楽ちん♪楽しい♪

 

って思ってたら、これからの1歳、2歳を楽にできるのかしら?

実験♪

 

 

 

なにが言いたいんだろうね(^_^;)

夜中眠れなくて書いてるからまとまりないね〜(笑)

(数日前の夜に書きました)

 

 

 

断捨離好きさんの割合ってどれくらい?

断捨離、シンプルライフ、お片づけ、ミニマリスト、などの本が以前に比べるとたくさん出たし、

住まいのダイエットというお片づけTV番組もやってるし、

 

お片づけブーム?を感じているけど。

 

実際、どれくらいの人が断捨離やシンプルライフ等を実践してるんでしょうね?

 

私はそういうモノ(捨てる系の片付け)が好きで、ミニマリストブログ、整理収納アドバイザーさんのブログなどをよく見ていて、とても身近に感じているけど、

出会った人たちで、明らかにシンプルライフミニマリストの方っていないんですよね…。捨てるのが好きそうな方も、いなそう。

 

断捨離はやらなきゃ、とか、やってる、とかはたま〜に話を聞くけど。

 

 

お家にお招きしていただいたお友達の中には少なくてもいなくて。

 

 

同じような方と出会い、断捨離話や収納話とかで盛り上がりたいんだけど、なかなか同じような方とは出会えません。

 

なので、割合からいくと、とても少ないのかなあ〜。

 

 

オフ会とかに思い切って参加すればいいんだろうけど、そこまでではなくてね。

 

 

シンプルライフを実践してるからいい、そうじゃないからダメってことではないですよ!念のため。

 

 

いつか、同じような方と出会って、

これは無くても大丈夫だよ〜、とかこんなもの手放してスッキリ!とか、そういう話を思い切りしたいな〜という夢なのでした。