断捨離とミニマリストと妊活と。

タイトルに妊活とありますが、無事に授かり出産。断捨離のこと、家計のこと、生活のこと、切迫早産のこと、そして子育てのこと、いろいろ綴っています。

ゴチャつくところをスッキリと。ボトルの入れかえ。

モノを減らしてミニマリストになったら、

今度は家の中の色も減らしてスッキリしたくなりました。

細かいものも整えたくなりました。

 

そこで、ボトル系を白にいれかえ。

 

洗剤類、シャンプーやコンディショナー、ハンドソープ、洗濯洗剤、ボトルってカラフルだし、サイズもいろいろ。

これを統一したくなって、ちょっとずつ買い揃えました。

 

 

★洗濯洗剤。ランドリーボトルはこれ。


 

 シンプルでかわいいです。

 

★シャンプー、コンディショナー、ボディソープはこれ。


 

 レビューでディスペンサーマーカーがオマケでつくのでこのショップが個人的にはおすすめ。

 

★ハンドソープと洗顔はこれ。


 

 泡タイプと通常タイプもあるし、サイズも3種類。プラスチックなので小さい子供がいる我が家はこれを選びました。

 

★食器洗剤はこれ。


 

 ハンドソープと並べて置くので同じタイプにしました。サイズを同じにすると混乱しそうなのでパッと見てわかるようにサイズ違いを購入。

 

★お風呂洗剤のスプレーボトルはメルカリで(ハンドメイドのラベルかかわいくて♡)

 

楽天だとこんなものもありますね。


 

 

 

と、揃えてみました。

洗濯機まわり、お風呂場、キッチンがスッキリ~~!

 

他にも。。。

★風呂桶も色のついたものだったので白に変更。これはダイソーで。

★小さなことですがコンセントタップがカラーだったので、白に買い替え。これもダイソー。 

 

 

一時的にお金はかかったけれど、ごちゃつきや色の氾濫が減り、視覚情報がスッキリして気持ちがいいです。全部買ってよかったな~と思うものばかり。

 

家の中のモノのお気に入り度がアップして、家にいるだけでなんだか嬉しく楽しい気持ちになりました。

 

 

 あとはお風呂の掃除用具がまだ色付きなので、こちらも徐々に白系に統一していけたらな~と探している最中です。

 

 

お金がほしい理由

漠然と、お金が欲しい、って思ってた。

 

コレが欲しいからいくら欲しいとかじゃなく、

あそこに行きたいからこれくらい欲しいとかじゃなく、

ただ漠然とお金が欲しいと思ってた。

 

なんでお金が欲しいと思ってたか。

 

将来不安にならずに過ごしたいから。

 

ってのが一番だったかもしれない。

だからね、いくらお金があっても不安に思ってる限り、不安は消せないんだと思った。

きっと大金を手に入れたら入れたで、それを失うことを不安に思ったり、するのだろう。

エンドレス。

 

だから不安に思うことはやめる事にした。

 

今、住む場所がある。

今、食べるものもある。

今、欲しいと思うモノはたいてい買うことができる。

 

そんな「今」が死ぬまでずっと続けばいいわけだから。

 

 

で、改めてお金が欲しい理由、考えてみた。

 

お金が欲しいんじゃなく、

お金に困らない生活が欲しいんだと思う。

欲しいと思ったモノは買うことができる生活。

食べたいと思ったモノを食べられる生活。

やりたいと思ったことに挑戦的できる生活。

もう一人子供をうんでも余裕のある暮らし。

ローンの支払いに困ることのない生活。

住む場所に困ることのない生活。

子供が大きくなってやりたいことを応援してあげられる経済状況。

 

そういう生活が欲しいんだと思う。

 

それを叶えてくれるのがお金だと思うから、お金が欲しい、という風に思うんだよね。

 

でも、必ずしも「お金」のカタチをしてなくてもいいや。

望んだ生活が叶うなら。

 

もちろん、お金でもいいけど(笑)

 

 

どんな形でも、受け取って豊かに暮らしていきます!(*´∀`)

 

 

 

メイクレッスンとコンプレックス。

先日、メイクレッスンを受けてきました。

一度ちゃんと教えてもらいたいな〜と思ってた夢が叶いました☆

 

メイクは今までちゃんと勉強したことはなく、ずーと自己流。なんなら高校の時に親にほんのちょっと教わった時の記憶でそのままずっとメイクしてきた感じ。(親はメイクのプロではありません。ごく一般人)

たまに雑誌のメイク特集みたいなのを見たりするけど、そもそも知識もないのでよくわからず、ぼへ〜〜っと眺めてるってなくらいでした。メイク道具や用語の知識もあやしい。

(マスカラをマラカスと言いそうになる。あれ?どっちだっけ?ってなる(笑)

 

 

だから私のメイクがそもそも自分に合ってるのか、時代に合ってるのか、年齢相応なのか、おかしくないか、凄く自信がなかった。自信なくてコンプレックスだった。

 

メイクの正解みたいなのがあって、その正解や一般的なメイクや普通というものにそぐわないとダメなんだと思ってました。そうじゃないと恥ずかしいと思ってた。

 

でも、基礎的なもの(肌を傷めない方法とか負担にならない方法とか、こうすると崩れにくいとか)はあるけど、メイクの正解があるわけではなく、いろんなバリエーションがあって、その色々を楽しんでいいんだな〜ということがわかりました。

 

色も似合う似合わないはあるかもしれないけど、とりあえず、自分の試したい色とか好きな色のメイクをして楽しんでみようと思えました。

 

自信なかったけど、正解はないから楽しんでいい!楽しんでみよう!と思えただけでも大収穫。

 

自身がなくオドオドした気持ちやコンプレックスは消えました。

わーいスッキリ☆

メイクそのものを覚えることで、プロからちゃんと学ぶことで、コンプレックスが一つ消えて、なんだか前よりほんのちょっと生きやすくなった感じです。

 

プロの力はすごい。こういうレッスンがあってありがたい。

 

 

 

似合う色も知りたいのでカラー診断?みたいなのも今度受けてみたいな〜と思います。探してみよう〜♪

 

 

卒アルの断捨離。断捨離前に考えた事。断捨離後に思った事。

断捨離歴7年。

 

ふと、卒業アルバム捨てようかな〜という思いがわいてきた。

 

卒アルは見るからに立派で、永久保存してくださいね、みたいな装丁。実際に、ずーっと取っておくもの、という思い込みがあります。

 

でも、結論、捨てました。

 

捨てる前に考えた事、捨てた後に思ったことあれこれを書きたいと思います。

 

何故、卒アル捨てようと思ったか。

 

まず、なぜ捨てたいな〜と思ったか。

高校の卒アルは、お友達がたくさんメッセージを書いてくれました。色紙や寄せ書きみたいな感じね。

で、そこにあんまり周りに知られたくないことを書かれてしまっているんだよね。友達に悪気はなし。おもしろいからって感じだと思う。仲の良い子だった。

 

でも、親とか、旦那とか子供とかには見られたくないな〜って気持ちがあってね。なんとなく心の奥で気になってた。

まあ、卒業した時に親には見られたわけだけど(笑)

 

見られる前に処分したい。

 

これが卒アル捨てようかな〜と思ったきっかけ。

 

捨てる前に考えたあれこれ。

 

捨てようかな、という気持ちがわいてきたけど、すぐに捨てられたわけではなかった。

 

卒アルは残しておくものっていう私の常識が邪魔したし、

いつか必要になって困るのではないか?と思ったりもした。

 

地元を離れたから、見たくなった時に見せてくれる友達は近くにいない。近くどころか、もう誰とも連絡も取ってない。

 

後悔するのではないか?

とかも思った。

 

でも、卒業以来、ほぼ見てない卒アル。

使用頻度は底辺。見てときめくかっていったら、微妙。

取っておいて自分の死後に見られたらやだなっていうネガティブな気持ちの方が大きい。

 

場所も取る。重い。

幼稚園、小学生、中学生、高校生、すべてサイズもバラバラ。

 

で、そんなに大きい割に自分の写ってる写真は数カ所。

個人写真は真面目な顔で全員笑ってないしね。

 

卒アルなくても、友達と撮った写真はあるし、そっちが残ってればいいかな〜と思いました。

 

 

でも、まだあと一歩が踏み出せない。

 

なので、卒アル捨てた人のブログとかを検索してみました。

「卒アル 断捨離」とか「卒アル 断捨離 後悔」とかね。

 

いくつか見たけど、捨てて後悔とかは一つも見つからず、捨ててよかった、スッキリした、というものばかり。

捨てても大丈夫そう。

 

ようやく決心できました。

 

 

捨て方と、捨ててから思ったあれこれ。

 

さて。捨てる決心がついたので、実際にゴミに出します。

 

住所が載ってる時代の卒アルなので個人情報満載。

 

調べると、

シュレッダー掛けた人、水にぬらしてふよふよにして破いた人、等いました。

 

私は見えないように袋に入れてそのまま燃えるゴミに出しました。

我が地域はゴミの各個宅回収。なのでゴミ袋に入れたゴミを漁られる心配はほぼありません。

うちの玄関先はまあまあ人通り多いから、漁ってたら明らかに不審(笑)

さっと持っていかれたらアウトだけど、中身のわからないゴミを持っていく人もまあいないだろう。

 

ということで、燃えるゴミに出しました。

 

シュレッダーないし、水につける案も面倒でした(笑)

 

 

捨てる前にはパラパラと見ました。

懐かしいけど、感傷的になるとかではなかった。

そして、書かれたくないことが書かれていると思ってたけど、案外たいしたことは書かれてなかった。

記憶ほど曖昧なモノはないね。

 

もっと心がいたんだりするかな、と思ったけどそんなことなかった。

淡々と、ただ捨てただけって感じ。

 

ちなみに、アルバム4冊で4.3kgでした。米一袋、まではいかないけど、ずっしりと感じました。

 

 

またひとつ、今にチューニングできた気がして、スッキリ気持ちいい!

重たいモノが減って、家が軽くなった感じが嬉しい♡

 

 

 

で、捨ててから少し時間も経ちましたが、後悔とかは今のところ全くないです。気がかりだったことがなくなってスッキリ晴れ晴れした気持ち。捨ててよかった、という気持ちです。

 

 

 

でも、こどもの卒アルはたぶん買うと思います(幼稚園は買いました)。その時見るのも楽しいと思うから。あとは子供が大人になったら判断を任せようと思います。

 

 

私の卒アルも、その時見て楽しかった。彼氏が出来た時に見せあった気もするし、楽しんだ。

それでモノの役目は十分果たしたのだと思います。

 

ありがとう卒アル。

さようなら卒アル。

 

 

 

お金、モノ、自分

昔の私はね。モノを選ぶときに高いか安いか、損か得か、で選んでた。

 

安い方がいい。

得な方がいい。

 

ってね。

 

でもそれって、お金は大事にしてるけど、自分を大事にしてないんだな〜って思った。

 

食べたいけど、高いから我慢。

欲しいけど、高いから我慢。

って。

 

お金が主で、私が従。

 

逆だよな〜って思った。

 

 

お金はある種の「道具」

幸せになるために使うのが大事なんだよね。

 

 

モノもおんなじ。

モノがまだ使えるから残すのは

モノが主で私が従になってる。

 

私が幸せでわくわくして楽しいモノは残す。買う。

でも、モノとして使えても、私がときめかない、わくわくしない、楽しくない、幸せになれないものは、手放していいんだと思った。

 

モノも道具だから。

私が幸せになるために

残すものは残す。

手放すものは手放す。

 

 

 

子供の靴の履き間違え

よくあることだと思いますが。

 

長男の習い事で靴の履き間違えがありました。帰るときに我が子の靴がない(^_^;)

 

同デザイン、サイズ違いの靴が残ってたので盗難ではなく、履き間違えなのはわかってます。

 

我が子の靴のサイズ、20センチ。残ってた靴は18センチ。

小学生クラスなのでおそらくサイズ的には一年生かな。2センチ違うけど気づかなかったか……

残ってた靴には名前なくて誰がまちがえたのかはわかりません。

我が子の靴には記名あり。

戻ってくればいいな…。

 

でも靴なのでなくては困るので、その日に新しい靴を買いました。仕方ないけど、そんなに高いわけじゃないけど、こういう出費にモヤモヤしてしまう私。

 

運動会前に、「運動会がんばれるように!」と買ってあげた靴だったのと、比較的新しかったので余計モヤモヤしちゃいました。

 

 

あと、指定のTシャツも行方不明(^_^;)

これも記名はしてあるけど、タグの記名だから他の人の荷物に紛れてたら気づき辛いよね〜。みんな同じだし。

これは指定なのでちょっと高い。しかもそこでしか着ない。買い直しになったらイヤだな〜とモヤモヤします(^_^;)

忘れ物や紛失物に届いてるといいな。

他の高額な道具類じゃなくてよかったと思おうか。

 

 

 

子供は気にしてる様子はなく、ケロッとしてるんだけどね。

私はプチショックなのでした。

 

 

でも、逆もある。

我が子が違う人の似たような傘を持って帰って来ちゃったことも。

(我が子の傘も誰かが持っていったようだけど、記名あったため3ヶ月後くらいに戻ってきた。遅いけど(笑) )

 

 

まだまだ低学年だから仕方ないか。

 

 

で、子供なりに学んだらしく、次はサンダル履いて行こうかな〜とか言ってた。これから冬になって寒そうだけども(笑)自分で対策を考えた事に成長を感じました。

 

傘は間違い対策に持ち手にマステでも巻こうかな。

 

 

 

仕切りたがりなわたし。

私ね、人前に立つのが苦手だと思ってた。

好きじゃないと思ってた。

 

けど、ふと

 

私は実は目立つのが好き。

仕切るのが好き。

 

って言葉がおりてきた。

 

人前に立って、何かを発して

批判されたり反論されたり

影でなにか言われたりするのが

ものすごく恐くて

 

だから人前に立ったり仕切ったりしたくないんだと思ってた。

 

 

けど、それとこれとはどうやら別らしい。

 

仕切りたい。

自分の思うようにしたい。

自分のやり方を通したい。

 

って言葉が妙にしっくりきてしまった。

 

でね、

仕切るのは悪いことって思ってる自分もいるようで、

仕切りたがりな所を隠そうと思ってる私もいる。

 

でも、きっとバレてるけどね(笑)

 

あ〜、私、仕切りたがりなんだね〜。

 

恥ずかしいと思うし、認めたくないし、

なんか抵抗したい気持ちがあるけど。

 

 

まあ、これも私なんだわ。

 

 

仕切ってもいい。

隠さなくてもいい。

どうせバレてるし(笑)