読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

断捨離とミニマリストと妊活と。

タイトルに妊活とありますが、無事に授かり出産。断捨離のこと、家計のこと、生活のこと、切迫早産のこと、そして子育てのこと、いろいろ綴っています。

大好きなマンガを断捨離したらよりマンガを読むようになったという変化

マンガが大好きです。

ピークの時は多分1000冊くらい持っていました。
 
 
 
 
だけど今は断捨離して、マンガ、本を合わせて59冊まで減らすことができました。約94%ほど減らした事になります。
 
もちろん一度に減らしたわけではなく、徐々に、ちょっとずつ、削ぎ落とすように減らしてやっとここまで来た、という感じです。
 
ここまで減らす事ができたのは、最近増えてきたコミックレンタルのお陰です。私の行ける範囲でも二か所あり、所有しなくても、読みたくなったら読む事ができる環境になったのが大きいです。
(マンガ喫茶という手もあるけれど、子供が小さかったので現実的ではなかった)
 
マンガや本は特にかさばるし、埃もたまるし、たくさんたまると重くて、そういったものがなくなり、また一つ身軽になり、心も軽くなったのを感じました。開放感!
 
本棚は寝室に置いてあります。合計3つの本棚がありましたが一つは必要なくなり、別の収納として利用する事に。(残りの一つは子供の絵本、一つは私専用)
最終的には寝室にはベッドと読書灯のみ、くらいにスッキリできたらいいなあ、と思ってます。
 
そして、マンガを持ってた時は持っているだけで時々しか読んでいなかったけれど、手放した今の方がたくさんマンガを読んでいます。コミックレンタルを利用して。レンタルは手頃な価格だし、ちょっと興味があるな、程度でも気軽に読む事ができるから。
 
それから、本がそこにある状態=いつか読まなきゃいけない本、のような無意識のプレッシャーを感じていたのがなくなり、身軽に自由に、新しい本やマンガを選ぶ事ができるようになったからかな、と思っています。
 
マンガは好きだけど、読むのが好きで、所有するのが目的ではないのです。好きなものだからこそ、所有しない方が楽しめるのかもしれません。