読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

断捨離とミニマリストと妊活と。

タイトルに妊活とありますが、無事に授かり出産。断捨離のこと、家計のこと、生活のこと、切迫早産のこと、そして子育てのこと、いろいろ綴っています。

狭い家コンプレックスでした

我が家は持ち家です。主人名義でローン支払い中。

3LDK、駐車場一台付、の物件です。
 
 
間口は狭いけど一応南側道路で、リビングの日当たりは良く、スーパーも近く、買った時はもちろん気に入って購入を決めました。
 
住んでからも日当たりがいいリビングに満足し、気持ちよく過ごしていました。
 
 
でも、子供がうまれて、子連れでママ友さんの家に行き来するようになって、気づいてしまいました。
 
あれ、私の家って狭いし、駅からも遠い。ママ友さんの家はみんな広く、素敵でした。
 
その頃から家をコンプレックスに思うようになっていました。
 
ママ友さんたちは持ち家率が高く、しかもみんな広い家でした。たまたま仲良くなった方がそういった方ばかりだったのかもしれませんが。
 
なんだか気に入っていた家も情けない、惨めなモノに感じるようにもなっていました。子供がうまれてみたら、子育てにあまり適さない間取りにも感じました。大人二人なら普通に過ごせるリビングも、子供がいて、さらに友達を呼ぶとぎゅうぎゅう。
 
さらにはそんな狭い家でさえ、我が家は家計もキツキツでした。
他のママ友さんは広い家で家計にも余裕があるように見えました。
 
色々な事を比べては惨めに感じ、周りが羨ましくて仕方なかった時期もありました。結構心が醜くなっていました。
 
 
でも、それを気にしなくなったのは、ミニマリスト、という考え方でした。
モノを減らして、さらに狭い家に引っ越した方達のブログを見て、そういう考え方もあるのだと知り、自分もミニマリストに憧れ、目指し、実践していくにつれて、そういった狭い家コンプレックスは消えて行きました。
 
広さや立地や間取りは変えられなくても、この家をスッキリ快適にする事は出来る。そう気づきました。
 
そして、家計もコンパクトにミニマムにしたい、とも思うようになり、この家でいいかな、と思えるようになりました。確かに狭いけど、その分、この地域にしてはローンは安い方だと思います。
 
むしろ、もっと狭い家に引っ越し、ローンや家賃を減らしたい、とも思うようにもなりました。買い換えや引っ越しは現実的ではないので妄想ですが。
 
モノも家計もコンパクトにミニマムにしたい、と思うのです。
 
一時期は人と比べて本当に苦しかったので、私のコンプレックスを消してくれた、ミニマリストという考え方に出会えた事は本当に感謝なのです。