読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

断捨離とミニマリストと妊活と。

タイトルに妊活とありますが、無事に授かり出産。断捨離のこと、家計のこと、生活のこと、切迫早産のこと、そして子育てのこと、いろいろ綴っています。

誰かの描いた幸せを自分の幸せだと思っていませんか?

結婚し、子供をうみ、家を持ち、車を持ち、お金やモノをたくさん持っている事……そういった事が幸せへの道なのだと思っていました。

 
 
 
 
 
断捨離してモノを減らし、
モノと向き合い、
自分と向き合い、
人生を考え、
 
最近になってそういう誰かが描いた幸せは私の幸せではないのかも、と気づきました。
 
アラフォー世代の今になって気づくなんて遅く、情けないですが、それまで、テレビや雑誌に書いてあるような幸せを真似すれば、自分も幸せになるのだと信じて疑いもしませんでした。
 
 
今は少ないモノで丁寧に、心豊かに過ごしたい、
たくさん稼がなくても、必要な分だけ稼ぎ、残りは好きな事をして過ごしたい、
 
そういう風に思うようになりました。
 
足るを知る、ということなのかもしれません。
 
 
今までは人と比べて、わざわざ不幸に感じていたように思います。
 
特に収入が少ないことをコンプレックスに思っていました。でもモノが少ない方が私は快適で幸せだという事に気付いたら、収入に関するコンプレックスはなくなり、むしろこの収入の中でいかに楽しく豊かに暮らせるか、という風に考えられるようになりました。生活コストを下げても心豊かに暮らせることが実感としてわかってきたのです。
 
沢山のモノを欲しい時に買っている友達を、もう羨ましいと思う気持ちもなくなりました。
 
断捨離、ミニマリストという生き方を知ったおかげで楽に生きられるようになったことは、なによりの収穫です。