断捨離とミニマリストと妊活と。

タイトルに妊活とありますが、無事に授かり出産。断捨離のこと、家計のこと、生活のこと、切迫早産のこと、そして子育てのこと、いろいろ綴っています。

断捨離したけど買いなおしてしまったもの。

以前にトイレのブラシを断捨離したことを書きました。

ブラシを断捨離して、手にビニール袋をはめ(ゴム手袋替わり)トイレ用の流せるおそうじシートを使って掃除をしていました。

最初は新しいおそうじ方法を楽しみながらやっていましたが、だんだんと面倒になり、汚れていても見て見ぬふりをする始末。

 

これじゃいかん、とトイレブラシは買いなおしました。

トイレブラシの菌がすごい、便座なんて比べ物にならない、ということを知ってしまったので、いいものを買ってずっと使うというのもなんだかしっくりこないので、100均のものを買い、何か月か使ったら買いなおすことにしました。消耗品扱いです。

どのくらい使ったら買い替えるのがちょうどいいのかはまだ模索中です。毎日掃除をしているわけではなく現在2か月すぎ。まだ使えるような気がします。少し汚れてきた感じもします。こんな感じでいくと3~4か月が我が家の適正な気もします。菌はすごそうですが。

 

トイレブラシは邪魔だけど、やっぱり私にとっては必要なものだということがわかりました。見た目邪魔ですが。(邪魔邪魔しつこい)

 

見た目のすっきりを優先させるか、掃除の楽さを優先させるか。

ズボラな私には面倒なことを少なくさせることの方が、見た目のすっきりより勝ってしまったようです。

やってみないとわからないですね。

やってみたことで、自分にとって何が快適なのかまたひとつ知ることができました。