断捨離とミニマリストと妊活と。

タイトルに妊活とありますが、無事に授かり出産。断捨離のこと、家計のこと、生活のこと、切迫早産のこと、そして子育てのこと、いろいろ綴っています。

手放しても必要な時がくれば、また手に入れることができることを実感。

妊活のために断捨離してきました。

上の子の赤ちゃんグッズはほとんどありません。

あるのはベビーカーとチャイルドシートとベビーバスくらい。

 

洋服やおもちゃ類はまったくありません。ほとんど人にあげてしまいました。

布団やベビーベッドもあげてしまいました。

 

 

最近になり、身近な友人に少しずつ妊娠の報告をしています。

私が二人目を欲しいこと、妊活をしていることを知っていて、本当に喜んでくれました。一人の友人は泣きそうなくらい歓喜して喜んでくれて、その友達に泣きそうになりました。こんな風に私の幸せを一緒に心から喜んでくれる友達を持てたことを本当に誇りに思いました。

 

さて、話が少しそれましたが、妊娠の報告をすると多くの友人(ママ友)から、○○いる?あげるよー、と言われています。実際にまだもらったわけではありませんが、本当にいただけるのなら、ほとんど二人目のモノは買わなくて済みそうです。本当にありがたい!

 

どの方も私の持っていた赤ちゃんグッズを譲った方ではありません。

 

なんとなくぼんやり、こういう循環していく感じって素敵だなと思いました。

必要なものが必要な人のところへ行く感じ。

モノはため込むのではなく、使う人が使ってこそモノの命が生きる感じ。

そしていずれはそのモノの命を使い切る。

なんだかそういうのって素敵だなーと思いました。