読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

断捨離とミニマリストと妊活と。

タイトルに妊活とありますが、無事に授かり出産。断捨離のこと、家計のこと、生活のこと、切迫早産のこと、そして子育てのこと、いろいろ綴っています。

捨てるのに迷ったら「保留箱」と聞くけど、効果はあるのか?

片付けの捨てる系の本を読んでいると、

捨てるのに迷ったものは「保留箱」「迷い箱」(もしくは袋などなんでもOK)に入れるというようにいったん保留にする方法がよく書いてあります。

保留にして数か月後に判断する、または数か月後に思い切って捨てる、などという方法が書いてあります。

 

これは効果があるのか?

 

個人的な感想ですが、私は効果があると思っています。

 

一度捨てたいと思ったものを他のものと一緒にしていると、何度か思い出して同じ考えをループしてしまったりするので、何度も同じことを考えるという無駄な思考を断捨離するのにも保留箱へ移動することは効果があるように思います。

 

それに一度保留箱へ移動して時間が経つと、なんでこんなもの迷っていたのだろう、とあっさり捨てられることもしばしば。移動していない状態だと、また最初から迷うことになる場合も多く、それもまた無駄な時間に感じます。

 

一度保留にしてしまうと、よっぽど使いたいものでない限り、もとに戻そうとは思わなくなります。せっかくスッキリさせたから、もとには戻したくない、そんな気持ちが働きます。

 

断捨離初期の頃だと、まだ判断基準が甘かったりもするし、捨てる抵抗も多くありました。捨てる、捨てないの選択肢だけだと思い切り迷うでしょう。そんな時「保留」という選択肢があるのは捨てる作業を進めるハードルを下げることにもつながります。

 

なので私にとっては効果がある、と思っています。

 

 

保留にしたものは期限がきたら捨てなさい!とアドバイスしている本もありますが、個人的にはちゃんと自分で納得して捨てたいので期限は気にしていません。捨てたい時が捨て時です。個人的には期限がきた、という理由だけでとりあえず捨ててしまうことはオススメできません。

 

納得しないで勢いで捨てると後悔することもあるし(実際、勢いで捨てて後悔した経験もあります)、何故これを買ってしまい、なぜ今必要がなくなったのか向き合うことで、次の買い物で失敗しないようになります。その向き合い考える作業を飛ばして勢いで捨ててしまうと、また同じような失敗を繰り返すことになるからです。

 

 

私の場合は一気に数か月でミニマリストになることは求めていません。

ちゃんと自分に納得してモノを減らして行き、最終的には最低限の少ないもので過ごすミニマリストになれたらいいな~と思っています。なので実際に捨てるのに迷って1~2年かけて捨てたものもあります(笑)いまだに迷い続けて数年経つものもあります(笑)

でもちゃんと納得できたうえで手放したので後悔はありません。これが自分のペースなんだなーと思っています。