断捨離とミニマリストと妊活と。

タイトルに妊活とありますが、無事に授かり出産。断捨離のこと、家計のこと、生活のこと、切迫早産のこと、そして子育てのこと、いろいろ綴っています。

どんな風に生きてきたいのか。

どんな生き方をしたいのか。

 
今まではなんとなく生きてきてしまった。深く考えず、流されるまま。それでよかったと思うこともあれば、後悔もある。
 
 
断捨離は自分と向き合う作業でもある。断捨離を通して、自分は本当は何が好きなのか、何が快適なのか、そういったことを考える。
 
そして、今、私はどんな風に生きたいんだろう、と考えてみたくなった。
 
仕事について。
働いていたい。旦那の稼ぎだけでは厳しい、という現実もあるけど、もし経済的な余裕があったとしても、働きたいとは思うだろう。
働いていると生活にメリハリができるし、経済的にも潤う。働いているとき、いないとき。働いているときの自分の方が好きでいられる。
 
どのくらい働くか。
今のペースが丁度いいな、と思う。パートで、週に3〜4。朝や終わりの時間にも無理はない感じ。場所も電車に乗らずにいける範囲。今はとても恵まれている。
扶養の範囲で働いてるけど、社会保険に入れるなら、そしてまあそれなりに稼げるなら扶養からはずれるのは、まあいいかな、とも思う。
 
 
キレイでスッキリした家を保ちたい。余裕がないと荒れるけど、一度しっかり断捨離したおかげで、荒れても少し余裕ができて片付ければすぐに元に戻る感じ。
 
でも、週5で時間に余裕のない働き方だと荒れた状態が日常になってしまう。そういうのは嫌だなと思う。
 
自分の趣味もやりたいし、お友達とのおしゃべりも時々したい。友達とべったりは疲れてしまうけど、気の合う友人とたまに会って話すのはとても楽しい。
 
そういう時間もたまに取れる感じだといいな。
 
今は収入が少ない(と思う)事に縛られてしまっている。時々苦しくなる。精神的に。人と比べてしまって惨めになったりもする。
 
楽しみながら節約して、お金に縛られない、人と比べない生活をしたいな。それは私の課題だな。
 
そんな事を考えていたらプア充、という本に出会った。
 
プア充 高収入は、要らない

プア充 高収入は、要らない
価格:1,404円(税込、送料別)

 
沢山稼ごうと思い、残業ばかりで時間がなく、人間らしい暮らしができなくなるより、稼ぎは少なくても、時間や心に余裕のある暮らし、そういうものを提唱しいる本で、なんとなく勇気付けられました。
 
夫の会社は残業代はでないし、頑張って給料がぐんとあがるわけではない。でも、贅沢しなければ、なんとかくらしていけるレベル(苦しいけど)。
 
収入を増やさなければいけないと思い込んでいたけど、そうじゃない生き方もあることを教えてもらった感じです。