断捨離とミニマリストと妊活と。

タイトルに妊活とありますが、無事に授かり出産。断捨離のこと、家計のこと、生活のこと、切迫早産のこと、そして子育てのこと、いろいろ綴っています。

ついストックしてしまう冷凍食品について考える。

今月は溜まってしまった食材を使い切ろう月間として、家にある食材を使うように意識しています。

 

使い切ることも大事だけど、溜めないようにする仕組みを作ろうと考えてみました。

 

そもそも、冷凍食品や冷凍としてストックする食材(肉や魚)はどうして溜まってしまうのか。

 

私が冷凍ストック食材を買うときの意識として、この日に使う!という目的ではなく、メニューに困ったり、買い物に行く余裕がなかったりしたときに使おう、という目的で買っています。

あとは肉のセールや冷凍食品のセールで「安いから」という理由と上記の理由が混ざり、買っているようです。

 

でも、そういった「メニューに困る」「買い物に行けない」状況はそんなに頻繁には訪れていませんでした。

せいぜい週に1回。多くても2回。

 

そしてまとめ買いやストック食材を買いに行ける日も同じく週に1~2回かそれ以上あります。

 

なのでストック食材はその週に使い切る分量だけあれば、我が家の場合は大丈夫なのだと思います。

でも一週間で使い切る量、というとなんだかキッチリしすぎてしまうので、その辺はゆる~く、「1~2週間以内に使う量ならストックOK」と決めようと思いました。

 

肉や魚類は、「こんな料理にしよう」を思いついたら買う。

冷凍のお野菜も使う分だけ買う。(我が家では冷凍ほうれんそう、いんげん、コーン、フライドポテト、などをよく買っています)

冷凍食品は普段の食卓に出せるようなもので1~2週間以内に使いそうなものを買う。(シュウマイや餃子、揚げるだけの状態のコロッケや魚フライ等)

 

こんな風に決めて生活してみようと思いました。

これで冷凍庫がいつもスッキリ!になるかどうか、しばらく実験です。