読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

断捨離とミニマリストと妊活と。

タイトルに妊活とありますが、無事に授かり出産。断捨離のこと、家計のこと、生活のこと、切迫早産のこと、そして子育てのこと、いろいろ綴っています。

モノが少なくてよかった。

6月初めからの緊急入院。

 
急な事だったので、自分のこと、子供のこと、家族の事、家のこと、一度に色々とあり、頭の中も混乱。
 
ですが、家の事、についてはモノが少なく家のなかは割と整っていたし、家事等やることはやってあったし、やる事といえば、干してあった洗濯物を取り込むことくらいでした。
 
家族に荷物を持ってきて貰う時も、どこになにが入っているかは把握できていたし、それなりに整理整頓してあったので、お願いしやすかった。
引き出しやクローゼットも見られてもOKな状態。
 
 
やりかけの家事があったり、部屋の中が散らかっていたら、その事もきっと気になってしまっていたでしょう。
散らかった部屋や引き出しを見られることもストレスになったでしょう。
 
 
頭の中にたくさん心配事や、やるべき事が溜まると、ストレスも溜まります。
キャパオーバー状態だと、目の前の事をやりつつも他の事が気になったりもします。なんだか落ち着かないような気持ちにもなります。
 
家が整っていて「家の事」を心配することなく、一つの項目を考えなくていいということは、気持ち的にとても楽です。
 
 
改めてモノが少ない事はメリットだなあ、と思いました。ミニマリスト目指してモノを減らしてきて本当によかった。