断捨離とミニマリストと妊活と。

タイトルに妊活とありますが、無事に授かり出産。断捨離のこと、家計のこと、生活のこと、切迫早産のこと、そして子育てのこと、いろいろ綴っています。

35週、2度目の入院。そして退院。

※汚い表現あります。閲覧注意。

※遡って更新してます。
 
 
2度目の入院となったわけですが。
 
1度目の入院のときは、なぜだかわからないけど、根拠もなく、私は大丈夫、早産にはならない、ちゃんとうまれてくる、という謎の自信がありました。だから入院して、点滴に24時間繋がれて、シャワーも時々で、寝たきり生活の不自由さはあるものの、気持ち的には不安になることもなく、穏やかに過ごしていました。本当、不思議だけど全く不安はなかったのです。
 
でも二回目の入院は子宮口6cmにさすがにビビり、早産になったらどうしよう?子供にもしものことがあったら、と不安だらけでした。
35週、もし生まれてしまっても大丈夫な可能性はかなり高い、とわかっていても不安。
最初の入院よりも安静にしていました。
 
退院も36週、というのもまた不安。36週ならだいぶリスクは減るけれど、それでも正期産ではなく早産。そのタイミングで退院してもいいのか?不安になったりしてました。
 
でも、その気持ちを助産師さんに話したら親身になって聞いてくれたのでそれで少しは気持ちも落ち着きました。本当に感謝です。
 
呼吸の機能ができるのは34週。誤差があるので35週前半くらいまでかかる場合もあるけど、35週後半ならほぼ大丈夫。36週なら大きさがあるなら大丈夫ですよ、早産になることを、そこまで恐れなくても大丈夫ですよ、と言って頂き、その言葉で安心して退院することができました。
 
張り止めの飲み薬でなるべく37週を目指すけど、生まれてくるならそれもまた仕方ない!と覚悟はできました。
 
 
2度目の入院中にあった出来事ですが、トイレに行ったら自分の意思と関係なくチョロチョロと、何かが出ました。
え?!破水?尿漏れ?
おしっこを出した感覚もなく、出てきた感じでした。
 
とりあえずナプキンをかえ、様子を見つつ、ネットで破水について調べます。すぐにナースコールをする勇気が持てなかった私。とりあえずネットで調べながら気持ちを落ち着かせ、破水の場合のリスクや、そのまま出産になってしまうかもしれない可能性を覚悟してから、ナースコール。
助産師さんがすぐに、破水かどうかの検査をしてくれました。リトマス紙みたいなものに染み込ませ、色が変われば破水だということでしたが、色は変わらず、どうやら尿漏れのようでした。
 
ほっと一安心。そのまま35週での出産?!と一瞬思いましたが、現実にならずによかったです。
 
2度目の入院で辛かったのは食事です。カロリー計算もされ、バランスのとれたオシャレな食事でしたが、薄味だし、嫌いな食材もでるし、最初の入院ではそんなことを思いつつも、選択肢がないので考えないように、気にしないようにしてました。
でも1度退院してしまったことで、そんな食事にちょっと耐えられなくなってしまい、たべながらオエッとなったり身体が受け付けなくなる時もありました。お腹は空くのに食べられない感じ。食べられないものは無理せず残し、8〜9割食べてる感じでした。