読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

断捨離とミニマリストと妊活と。

タイトルに妊活とありますが、無事に授かり出産。断捨離のこと、家計のこと、生活のこと、切迫早産のこと、そして子育てのこと、いろいろ綴っています。

切迫早産で入院。入院費をズバリ公開!

切迫早産で入院となりました。(現在は退院してます)

 

入院中、いろいろと不安がありました。

赤ちゃんのこと、上の子のこと、自分のこと、家族のこと、家のこと、

そして入院費のお金のこと。

 

入院費について、気になりネットで調べましたが、具体的に公開しているブログなどは少なく感じました。私が見つけられなかっただけかもしれませんが。

 

もちろん病院や入院日数や、その他もろもろで金額が違うのは当然なのですが、具体的に数字を出してくれているブログは私的にとても参考になりました。

 

なので私も公開しちゃいます。

 

入院日数 6月は27日間、7月は2日間。

入院費トータル 144,702円 でした。

 

内訳。

健康保険負担額 86,402円

食事負担額 28,800円

保険外負担額 29,500円

 

6月のまるまる一か月だったため、高額療養費限度額制度を使い、負担額を減らせました。

例えば6月に2週間、7月に2週間、などと月をまたいでいたら、もう少し支払額は増えたでしょう。これはある意味不幸中の幸いという感じでした。

 

健康保険のありがたみをかみしめました。

高額療養費限度額制度を使わなければ、窓口支払額は+20万ちょっとかかったことでしょう。あとから戻ってくるとしても先に手続きしておいてよかったと思います。

 

食事については保険適用分と保険外とがあるそうです。

 

保険外については、NSTノンストレステスト)が1週間に何回までが保険適用でそれを超えると保険適用外、自費負担となるそうです。具体的に何回なのかは聞きそびれましたが、内訳みると、自費負担分はほぼNSTでした。それ以外に、1回入院中に検診があったのでそのエコー代くらい。

 

NSTは一日朝と夜の2回とっていたのでその分、自費負担が結構かかりました。

病院によっては1日1回だったりするところもあるようです。

 

個室でしたが、差額ベッド代はありませんでした。本当に良心的でありがたかったです。

 

個室しかないのに個室代を取られ、40万くらいかかった、なんてブログも見て、一時そのくらいの支払を覚悟していたので、思ったより安く済んだな~と思いました。