断捨離とミニマリストと妊活と。

タイトルに妊活とありますが、無事に授かり出産。断捨離のこと、家計のこと、生活のこと、切迫早産のこと、そして子育てのこと、いろいろ綴っています。

言わないことで被害者になってた

あー、私、察してちゃんなんだな。

 
いつも、ちゃんと言ってなかった。
ちゃんと言ってない、伝えてないくせに、
相手には察してもらうことばかり求めて。
 
察してくれなくて、なんてひどいの?!
 
と、
言わない私がいけないのに、
相手のせいにして、
 
わかってくれない、察してくれない相手は加害者で
わたしは被害者
 
 
という図式を成立させていたんだな。
 
 
旦那に関しての多くはこれで、
ちゃんと要望を言ってなかったんだ。
 
言っても全てを言わず(断られるのが嫌で怖くて)、部分出しで、あとは察してみたいな態度。
 
で、察してくれないと、イライラしたり、怒ったり、すねたり。
 
 
いやー、性格悪い(笑)
 
旦那からしてみたら、何も言われてないのに、突然イライラされたり怒られたり、機嫌が悪くなるわけだから「???」ってなるわけだ。
 
 
なんで気づいたかっていうと、旦那に同じことをされたから。
 
最近仕事で忙しい旦那。
旦那は寝たかったらしいけど、それは言われてなくて知らなかった。
休みはいつも車を出してもらって買い物行ったりしてたから、いつも通り買い物頼んで、車を出してもらって付き合ってもらった。
買い物は時間がかかってしまったけど、買いたいものも買えて満足な私。
なのに機嫌の悪くなる旦那。
寝たかったのに、と言われた。
 
え?そうなの?
言ってくれれば、買い物はやめるか、最小限にできたよ?言ってよ!って感じ。
 
すごく理不尽にイライラや怒りをぶつけられて嫌な気持ちになりました。
ってか、先に言ってよ、というのが一番思ったこと。
 
でも、多分私も多くはこんな感じだった。
 
子供が大変だから少しは自分から気遣って面倒見てよ!家事を手伝ってよ!しかも、自分から気遣ってやってよ!最低限、自分のことは自分でやってよ!
 
って思ってるけど、言ってなかった。
 
それくらいわかって当然と思ってた。気遣ってよ!と思ってた。
 
 
言われなきゃわからんわ!
 
ですよね。
 
 
なんて面倒な奴だったんだ、私!
 
 
男の人は基本、言われないとわからない、察することのできない生き物だという。
 
察して気遣って欲しいなんて、難しい要求だったね。
ってか、女の人だって、私だってできてないのに。
 
 
これからは、やって欲しいことはちゃんと言おう!