断捨離とミニマリストと妊活と。

タイトルに妊活とありますが、無事に授かり出産。断捨離のこと、家計のこと、生活のこと、切迫早産のこと、そして子育てのこと、いろいろ綴っています。

お金を使うことが怖い

私の怖いシリーズ第三弾(笑)

 

お金をつかう事が怖いです。

 

何が怖いって、お金を使うと、お金が減る。

お金が減ることが怖いのです。

 

お金が減ると生活が困窮しそうで怖い。

必要な時にお金がなくて困ることが怖い。

 

とにかく減ることが怖くて仕方がないのです。

 

減るとどんどん減って、入ってこないようなイメージ。

 

だから節約したりしたし、

なるべく買い物しても底値で買うし、

レストラン入っても食べたいものじゃなくて安いモノを選んだり

レストランに限らず、モノは好きよりも安さで選んでいました。

 

常に自分を見張ってる状態。

 

これ、少し前の私。

そして今も時々顔を出す私。

今は少しずつ変わって来てるところ。

 

 

ぢんさんのブログや関連するブログや本を読んで少しずつ変わってきました。

 

節約すればするほど、お金が「ない」に意識が向かっていました。

 

でも、今現在、お金は「ある」。

住む家があるし、食べものも買えるし、服も買えるし、明日食べるものを買うお金に困ってもいない。

 

お金がないとかってに思っていたけど、お金はあるのだ、と気づきました。

 

気づいちゃうと、私はなぜあんなにお金が減ることが怖かったんだろう、と笑えてきます。

 

でも気づいたからってすぐに100%変われるわけじゃないから、

少しずつ、ない、から、ある、の世界へ移行している最中。

 

まだね、お金を使うことがちょっと怖いよ。

怖いけど、大丈夫だよ、えいやっ!って頑張って使う。

使うことを自分に許可する。

 

いつもなら割引されてないと買わないものを定価でかってみる。

 

いつもなら買わない価格帯、高くて諦めてるものを、おもいきって買ってみる。

 

安さで選ばないで、好きで選ぶ。

 

今までと違う選び方だから、ソワソワ、ザワザワする。

でも、それでもやってみる。買ってみる。

 

買ってみても、明日のお金には困らない。

大丈夫だ、という経験を繰り返す。

 

そして何故だか不思議と、好きで選ぶようになってからの方がお金が残ってる気もする。

 

 

お金って全世界にはたくさんあって、そのお金を全員に分配すると、全員がお城のような豪邸を建てられるくらい、世界中にはお金ってあるらしい。

と、何かのブログで読みました。

 

だから、お金はある。

私に巡ってくるチャンスだってあるはず。

 

受け取る覚悟や準備が出来てなかっただけなんだな〜と、

受け売りだけど、思えるようになりました。

 

 

受けと準備が出来てますよ!私。

どうせ使っても減らないし入ってくるから、必要な所に使っても大丈夫。

 

欲しいもの買っても大丈夫。

食べたいもの食べても大丈夫。