読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

断捨離とミニマリストと妊活と。

タイトルに妊活とありますが、無事に授かり出産。断捨離のこと、家計のこと、生活のこと、切迫早産のこと、そして子育てのこと、いろいろ綴っています。

モノの別な使い道を思いついたら

モノを手放そうと思ったとき、

でも、これは別な使い方ができるのでは?

と思うことがあります。

 

お皿や器を捨てようと思い、

いやでも、これは小物入れに使えるかも、と思ったり、

 

ハンカチを捨てようと思い、

これはお弁当を包むのに使うかも?

いやいや、家電の埃よけにもいいかも、

とか思ったり。

 

 

今までに思いつかないようなクリエイティブな発想が浮かんでくる時があります。

 

 

もちろん、モノに第二の人生を与えて使うのも素敵な事。

でも、捨てるときに思うそういった別な使い道は、結局使わない事が多いです。

1、2回試して結局、やっぱり不便だな、って。やっぱり使わないな、って。

 

 

今までそんな別な使い方を思いつかなかったという事は、そんな使い方をする必要がないってこと。

必要があれば、捨てるとかどうこう考える前に思いついて実行してるハズですから。

 

捨てる時に、捨てたくない気持が働き、ひらめいてしまうんですよね(笑)

 

 

何故、捨てたくないと思うかというと、好きだと思って家に迎え入れたモノをちゃんと活用したいから。

活用しきれずに、使い切れずに、減価償却しきれずに捨ててしまうのは罪悪感。モノに申し訳ない気持ち。

 

ボロボロになって使い切ったモノは、ありがとうの気持ちと共に、処分できる。

 

本当は、全てのモノをボロボロになるまで、使い切りたいんだなって思います。

モノの命を使い切ることって、幸せな気持ちになります。

それをどこかでわかっているから、使い切りたい。

 

 

だから、今、私はモノを減らしているのだと思います。

減らして、減らして、使い切れるだけの量まで減らして、お気に入りのモノを使い切る暮らし。

 

そんな暮らしに憧れて、ミニマリストを目指しています(*^^*)

 

 

何が言いたいかというと、捨てる時にモノの別な使いみちを思いついても、たいていそんな使い方は結局しないから、思い切って捨てていい!

思い切って捨ててしまえ!

って事です。