断捨離とミニマリストと妊活と。

タイトルに妊活とありますが、無事に授かり出産。断捨離のこと、家計のこと、生活のこと、切迫早産のこと、そして子育てのこと、いろいろ綴っています。

奇形にはじめて気付かれる。

次男くんには生まれつき、フクジという奇形があります。

 

字に書くと副耳。 福耳じゃないよ。

 

耳の付け根にイボみたいにポコッとしたものがついてます。

 

今まで何度か記事にしてます。ふくじについて調べたことも書いてます。

arumixxx.hatenablog.jp

 

arumixxx.hatenablog.jp

 

生まれたばかりの頃は少し気にしてたけど、最近はほとんど気にならないどころか忘れてたくらい。

 

 

今まで、身内以外の人にこれなに?とか指摘された事はありませんでした。

まわりは気づいてないのか、気づいても気にしてないか言わないか、わかりません。

 

 

ですが、先日はじめてフクジについて言われました。

言われたのは長男(小2)のお友達。

 

「耳になにか付いてるよ?これなに?」

 

という素朴な疑問って感じで聞かれました。

 

いつか聞かれる日がくるかもしれないと思い、答えは用意してありました。

 

「これは○○くんのしるしだよ。うまれつき付いてるんだ」

 

と言ったら「ふ〜ん」と。

特にそれ以上に興味がなかったようです。

 

長男にはその言葉プラス

 

「神様が○○くんって間違えないように目印をつけてくれたんだよ」

 

と伝えてあります。

 

子供にはこの説明で十分みたいです。

 

大人に聞かれたら、そのまま「うまれつき」だと伝えると思います。

仲の良い人なら「奇形」という言葉も言うかもしれません。

 

まあその時の私の気持ち次第です。