断捨離とミニマリストと妊活と。そして時々こころのこと。

二人目妊活→出産。そして現在、三人目妊活中。断捨離のこと、家計のこと、生活のこと、切迫早産のこと、子育てのこと、そして想ったことや気づいた事、いろいろ綴っています。

一生懸命、楽しんでいい。

ふと、思ったこと。

 

私はね、

一生懸命になったり、夢中になるになったり、頑張ったりしてるところを、人に見せてはいけない、

って思ってる(思い込んでる)フシがあるな〜

って思った。

 

 

原因はなんとなくわかる。

 

中学生くらいのとき、

悪ぶったり、不良っぽかったり、やる気のない感じの人の方がカッコイイ、みたいな風潮があって、

真面目で一生懸命で頑張ってて勉強ができる人はカッコ悪い、

みたいな図式があるようだった。

少なくても私はそう感じていた。

 

で、私は勉強好きだったし、実際勉強したからテストの点も悪くなかったんだけど、

それを知られてしまうと、悪い意味で壁を作られてた。

○○さんは真面目だからね〜、って言われて、仲間はずれのような空気を作られてしまったりね。

 

淋しかった、悲しかった、傷ついた。

 

だから、

真面目に、一生懸命勉強すると仲間に入れてもらえない。

少なくてもそういう風に見せてはいけない。

みたいに思い込んでしまったんだろうね。

 

 

そんな風に思い込んだまま、大人になって、ママになって、

そんな今でもその思い込みを引きずってる部分があるな〜って、ふと思った。

 

子供と一緒に夢中になって遊ぶのはカッコ悪い。けだるそうに子供の要望に面倒くさがらなくてはいけない、みたいな。そんな無意識な思い込み。

 

一生懸命になったり、子供と楽しんだりしてはいけない。

ばれたら仲間はずれにされる、怖い、傷つきたくない、みたいな無意識な思い込みがあるように感じた。

 

 

いやいやいや。

そんな事ないよね!

 

 

一生懸命ってたのしい。

夢中になるってたのしい。

 

一生懸命になっていい。

夢中になっていい。

楽しんでいい。

 

そしてそれをまわりに隠さなくていい。

 

 なんか、まだ無意識に隠そうとしてる自分がいます。

子供の要望や一緒に遊ぶのは面倒くさがるスタンスを見せる、みたいな。

 

でもね、子供と一緒に遊んだりするのって案外楽しかったりするよね。

 上の子は小学生なので一緒にトランプするの、結構楽しかったりする。夢中になったりする。

 

夏休み、海に行ったけど、一緒に泳いで水をかけあって遊ぶの楽しかったりする。

 

子供を遊びに連れて行って、子供が楽しそうにしていたからヨカッタヨカッタ、

じゃなくて私も一緒になって遊んで、一緒に楽しんで、

あ~~~楽しかったぁ~~~って。

それでいいんだよな~ってふと思ったのでした。