断捨離とミニマリストと妊活と。そして時々こころのこと。

二人目妊活→出産。そして現在、三人目妊活中。断捨離のこと、家計のこと、生活のこと、切迫早産のこと、子育てのこと、そして想ったことや気づいた事、いろいろ綴っています。

やりたくない家事を手放す

二人目の子供が今1才半。

上の子の時はたくさんのべき、ねばを持ってて、子育ては本当に大変だった。

でも、それは自分で作り出した理想の母親像や理想の子育てに振り回されていたから「大変」って思ってただけなんだなーと

そういう風に思えるようにはなった。

だから二人目は

とうていなれそうにない理想像は捨てて
やりたくないことはやらない
公的機関でもなんでも頼る

って決めてここまで育ててきた。

二人目だから、二回目だから、っていう楽さはあるけど

ここまで全然、大変だなーって思わないで育ててこれました。

5ヶ月のころから保育園の一時保育を利用して自分の時間を確保したり。

料理があんまり好きじゃないから
離乳食は作らなかった。

今は便利な世の中だね。
離乳食は5ヶ月~使える市販品もあって
離乳完了までほぼ市販品を使った。

料理好きじゃないけど
でもごくまれに、作りたくなったときだけ離乳食作ったり取り分けしてた。

やりたいときしか作らないから、作ってても楽しいし、好きで作ってるから赤ちゃんが食べてくれなくてもそんなにイライラはしなかった。

(せっかく作った離乳食を食べてくれないと悲しいしイライラしたりがっかりしたりするよね)

この離乳食作りを手離しただけで、本当に育児がラクだと感じられた。
ほんと、料理いやだったから(笑)


子育てしながらの家事も、やらなくていいことは手離していった。

普段の食事も夜しか作らない。
朝は納豆ご飯とかたまごかけご飯とか残り物をだし、
昼は私だけだから冷凍食品とかレトルトとかお総菜とか、パンだけとか。
夜作るけど1品料理で済ませたり、2品しか作らなかったり。


苦手な家事をやめただけで、
断然生活が楽に快適に感じるようになった。

やりたくないことを手離しただけで
子育てもこんなに楽で楽しいものなんだなーって実感できた。

子育てだけじゃなく、人生がなんだかうきうき楽しいものだなって感じるようになった。


毎日こどもとのんびり過ごして、最低限の家事をして、笑顔で過ごしてる。

一人目の時には考えられなかったな。

でもそのときがあるから、思いきってやりたくないことはやめようって思えたのかも。