断捨離とミニマリストと妊活と。そして時々こころのこと。

二人目妊活→出産。そして現在、三人目妊活中。断捨離のこと、家計のこと、生活のこと、切迫早産のこと、子育てのこと、そして想ったことや気づいた事、いろいろ綴っています。

ずる休み

春休み目前に、

小2の息子はまた学校に行きたくないとずる休みをしました。

 

またか。

 

その日は私のサークルの予定があって、

休みたくないから上の子も連れていくことに。

 

 

でね。

メンバー何人かに、

あれ?休み?どうしたのー?

 

って聞かれるから

 

ずる休みよー(笑)行きたくないんだって~

 

って話したら

 

そーいうときもあるよね~

いいよいいよー

 

 

って返ってきて。

 

 

なんかね。

その言葉に私自身がすごく救われてる感じがした。

 

 

まだ、どこかで私は、

ちゃんとした母親を目指してたみたいで、

子供にはちゃんと学校に行かせなきゃいけない、

それができない私は母親失格、みたいな風に思っていたんだな~、と思った。

 

そして、周りの目も、怖かったのかも。

ダメな親って思われることが、怖かったのかも。

 

でも、

休ませて、連れていって、

 

あっさり、周りはそれを認めて受け入れてくれて、

というより、きっとどうでもよくて(笑)

 

あ、いいんだ、

 

って思った。

 

休ませても、いい。

学校に子供をちゃんと行かせられない母親でも、いい。

 

 

なんかねー。

学校休ませるときって、連絡帳に書いて、近所の同級生に頼んで届けてもらって、

先生からは連絡帳にお返事が書かれて返されて、

時々は先生からも電話がきたりして、

 

熱心に指導してくれるけど

一生懸命、学校に来るように、導いてくれる感じで、

それはいいことなんだけど、

 

そういう態度がね、

ちゃんと行かせなきゃ、にプレッシャーみたいに思ってしまってて、

ちゃんとしないとダメ、って感じて、

 

(先生が悪いとかじゃないよ。私がそう受け取っただけ)

 

学校行ってもいい、行かなくてもいい

ってフラットな感じじゃなくて

学校には行かせなきゃダメ

に偏ってしまっていた。

 

 

連れていって、

まわりが

そういうこともあるよね~

って言ってくれたことで、

 

なんか、いいんだって思えたから。

 

今回休んで、サークルに連れていって

よかったのかもしれないね。

 

 

でも。

きっとまたグルグルしたりザワザワしたり、するんだろーな(笑)

ま、ちょっとずつ、親も変わっていけたらいいか。