断捨離とミニマリストと妊活と。そして時々こころのこと。

二人目妊活→出産。そして現在、三人目妊活中。断捨離のこと、家計のこと、生活のこと、切迫早産のこと、子育てのこと、そして想ったことや気づいた事、いろいろ綴っています。

わかってほしい。

なんか私は言い訳がましい

と気づいた。

 

言い訳というか、

わかってほしい

を握りしめてる気もする。

 

誰に何を言い訳してるんだろう?

誰に何をわかってほしいのだろう?

 

やっぱりお母さんかなー。

 

私のこと見てー

私のことわかってー

 

周りの人に向かって

やってるのかも。

 

言葉をたくさん重ねて

たくさん理由を伝えて

わかって?

ねぇ、わかって?

 

(ねぇ、わたしこんなに大変なんだ、わかって?だからこっち見て)

 

ってやってる気がする。

 

あちゃー

恥ずかしい。

 

たくさん言葉を重ねないと

たくさん理由を伝えないと

ダメだと思ってるんだな。

 

そうしないとわかってもらえないと思ってるんだな。

 

例えば、何かを断るとき

たくさん理由を並べて

だから無理なんだごめんねって

そうしないとOKしてもらえない、みたいな。

 

でもそんなことしなくても

ごめんね、それは無理だって

シンプルに言えばいいだけなんだけどね。

(一個くらいは理由を言ってもいいのかもしれないけどね。何個も並べたり事細かに説明する必要はないよね)

 

逆に何かをやりたいときも同じ。

 

 

多分それは昔、母に対して

身につけた癖。

 

でもね

そんなに理由をたくさん並べなくても

大丈夫なんだよねー。

 

癖だけど

周りを信用してないという

メッセージになってるから

申し訳ないってのもあるけど、

あーーほんと、

ただ恥ずかしい。

 

 

 

正当な理由がないと

やめてはいけない

やってはいけない

という風にも

思ってるのかもしれない。

 

で、その正当な理由をわかってもらいたい。

 

わかってもらって始めて

やってもいい

やめてもいい

と思ってるのかも。

 

わかってもらえないと

やっちゃダメだったもんね、子供の頃。

わかってもらえないと

やめちゃダメだったもんね、子供の頃。

 

そういう癖ができちゃうのも仕方ないかー。

 

 

で、わかったから

手動で直していく。

 

言い訳しそうになったら

理由を並べたくなったら

いったん立ち止まって。

 

もう必要ないからね。